2016年09月 - ビジネスブログ

会津・南向き棚田米 佐藤農園
2016年09月25日 [Default]
・赤枝村の戸数98戸、農地を所有し農業をしている戸数69戸、全て兼業農家です。
・若い人は皆会社勤めをしています。
・定年退職者や元気な年寄りが、生き甲斐・やりがいを以って、農業をしながら田畑を荒廃から守っています。

・私は昨年から、農協と農家のパイプ役の農事実行組合長を引受、今年からはその会のまとめ役をやっています。
 少しでも、皆が元気に活躍できるよう、取り組みたいと考えています。

*皆で、収穫の喜びを分かち合いたい。との思いから
昨年に引き続き、以下の様に、収穫祭を実施する事としました。
(順次写真を入れ報告していく予定です。)

赤枝村収穫祭のご案内     2016/10/6
 集落共同活動            赤枝農事実行組合長 佐藤栄喜
大変お世話になっております。     (上)方部員 大堀文宏
実行組合総会での申合せにより、今年も実行組合「収穫祭」を行います  
*今年は組合員様、全員のご参加を、何とぞ宜しくお願い致します

下記の様に収穫祭を行います。
・地域農業活性化の話として、布藤地区「生産組合の歩み」を聞いた後、
・「新そば」を食べ、お集まりの方々(役場・JA・実行組合員他様)の
交流・親睦・連携を図りながら、一つになって
・みんなで収穫の喜びを分かち合いたいと思います。

ぜひ、ご参加いただきます様お願い致します。(お子様連れ歓迎)

@「日程」 「都合のよい時間帯のみの参加」も大歓迎です。

・実施月日 H28.11.6(日曜日)10:45集合・11:00開始〜15:00終了
・場所   赤枝公民館

・会費   赤枝実行組合繰越金&集落共同活動助成金を充当

A「収穫祭・次第」 司会:加藤敏彦様(中・方部員)
11:00〜11:35    
 1.ご挨拶 主催者(実行組合長)から一言
・赤枝区長様
・磐梯町役場農林課長様 
・JAあいづよつば 磐梯支店長様・他様
・赤枝集落協定代表様
・赤枝土地改良区役員(2名)様
・赤枝農業委員(2名)様
11:35〜12:20
 2.布藤地区生産組合の歩み    講師:布藤地区生産組合
鈴木計弘様
12:30〜15:00    講演:30分・質疑応答:15分
 3.懇親会
  ・乾杯発生:大堀文宏様(上・方部員 )
   ・余興 (会津めでた・さんさ時雨・謡他) 田中登美男様他
 4.お開きの挨拶 赤枝集落協定:遠藤力夫様

以上


2016年09月23日 [Default]
・大正15年11月(1926)、赤枝に隣接している「猪苗代第4発電所」の完成を祝い、多くの桜を植樹しました。当赤枝村にも  10本ほど植えられましたが、現在は4本のみ残っています。その内の1本です。
 「樹齢は、今年の11月で満90年ということになります。」
・私はこの桜が好きなものですから、外孫の子守の時、虫採りや散歩は、近くなのでここに来ます。
・村はずれの八幡神社に植えられ、どんな時でも静かにしっかりと生きているこの桜の姿をみると、穏やかな気持ちになります。
赤枝八幡神社桜
・4月、2分咲きの桜の花に、雪が降り積もりました。桜の花が雪で一時満開の様になりました、きれいでした。(これは平成26年の写真です)
赤枝八幡神社桜A
・平成29年1月16日頃、大雪のため(湿った重い雪)大きく折れてしまいました。                              残念無念 残念無念 守れなかった 守ってやれなかった 反省・反省・反省 対処



大雪により倒木根本部折れる

2016年09月23日 [Default]
・「二百十日」とは、立春から数えて210日目の事。
(2016年は8月31日でした。)
・この時期は、1年かけ育ててきた農作物が結実する大事なときなのですが、
 昔から台風などが襲来し、大切な稲等が、収穫前に大きな被害を受けてしまう事がよくあったため、「厄日」とか「荒れ日」などと言って、
 警戒して来ました。
・赤枝村では、「台風や大雨・大水などの被害がありません様に」との思いを込めて、「お籠り」をしています。
 当日は、午前中、常世村熊野神社宮司のお祓い。
 午後6時から村の人が集まり「お籠り」、現在は24時を過ぎた所で終わります。
(村の役員や希望者が参加しています。年々減少し10人弱です)
 一品持ち寄りの「なおらい」で、神前で作柄など農作物の話などをしながら、何事もなく無事収穫出来ますようお祈りしています。
 20年以前は、神社の中で朝までお籠りを続けた人(飲み続けた人?)は、珍しくありませんでした。
*今年も、米の品質が、更に向上しますように。 
 より安心・安全な米、より高い食味値の米になりますように

okomori
おこもり

このページの先頭に戻る